祖母報告


入院中の祖母の状態が少し変わりました。
悪い方に、です。

毎日のように出ていた熱を
最初は座薬で抑えていましたが
下痢気味なのもあり、すぐに出てしまいます。
また、座薬は効きすぎるようで平熱よりも下がる傾向にもありました。

よって 今は点滴で抗生物質を投与。

その抗生物質では熱を抑えられなくなってきたようで
下がらなくなってしまいました。

だんだんと薬は効かなくなったりする、と看護婦さんは言ってました。
それもあるのだろうし、状態はよくないのだと思います。

でも 祖母はとても元気で社交的に先生や看護婦さんにしゃべります。
先生も「これだけ気力があったら治りそうな気がする」と言うほど。

この年齢で、この病状で、現在の状態で、
これだけおしゃべりできる人はなかなかいないようです。
だからこそ、私たちも期待してしまうんですが。
[PR]
by wai_w | 2009-07-15 11:17 | 日常つぶやき | Comments(0)