人間の子と犬の比較



昨日の電車の中でのこと。

子供4人とお母さんという組が入ってきました。
電車内は空いていて子供たちは わーっとイスに飛びつき
寝転がり、好き勝手。

オイオイオイ…。
人が少ないとか、そうゆう次元の問題じゃないだろ。

お母さんは注意しますが
いわゆる「怒ってない叱り方」をするので
子供たちはまったく聞いてません。

特に酷かったのが下から二番目っぽい5歳ぐらいの男の子。

徐々に混んできた車内でも、
親の向かい側の席に行って靴を履いたまま這い上がり
寝転がる始末。
そこに座っていた若いお兄ちゃんは困惑顔。
母親は「ほら、お兄ちゃんの邪魔になるでしょ~」と言っただけで
本気で止めようとする気配なし。

イヤイヤ。
誰の迷惑になるとか、ならないとか
そうゆう事じゃなくて。
「してはいけない事」、じゃないのか?
邪魔にならなきゃいいってものじゃないやろ?



あまりの言動に、注意すべきか悩みました。

が、言っても無駄っぽい…。



注意じゃなくてこう言えばよかったかな。
「首輪とリード貸しましょうか?」


ルクとバユーの方が よっぽどおりこうに出来るわ!!!
[PR]
by wai_w | 2009-08-12 08:27 | 日常つぶやき | Comments(0)