願い


ま、どうでもいい昔話なので
適当にスルーしてて下さいまし。




最近 「忘れられない人っているよね!?」という話で盛り上がったりしました。

帰省した時、高校生の時からの友人ともその話をしてたりしました。
その友人とは ちょうどお互い恋愛に盛り上がり、
お互いの好きな人と付き合い始めたという時期が一緒だったのもあって
よくワーワー話していたんですよね。



私の場合は、まだ二十歳頃。
完全なる一目惚れでした。
しかも年下!
年下嫌いの私にとってはありえない事!



彼は、確かにモロ好みの男前ではあったのですが
それよりも惹かれたのは眼。


「あぁ。彼には勝てない。なんて綺麗な眼をしてるんだろう。」


一目見た時に、妙な敗北感を覚えました。

ボチボチとやんちゃしていた頃でして(てへへ)
別に怖いものなんてなかった。
長生きしたくなんかなかったし、適当に酒で死んだらいいや、と思ってたりして
(こうやって書くと恥ずかしい話ですね)
そんな中で自分がそう思うなんて衝撃的でした。

後で聞くと、彼は自分自身のパーツの中で眼が嫌いだと言ってました。
私は好きなんだけどなぁー。と呟くと
「ありがとう」と。
その照れた顔が今も思い出せます。



私が男を口説いたのは後にも先にもこの時だけ。
私の気持ちも通じて、付き合うようになったのですが
付き合えば付き合うほど
自分の独占欲の強さが怖くなってきました。

本音を言えば、彼を閉じ込めて誰の目にも触れさせないようにしたい。

本気でそう思っていました。
そう思う自分が怖かった。
頭がおかしくなりそうで、どうしようもなかった。


もし、彼から別れを告げられたら…私はどうなるんだろうか?
犯罪者…になるような事にならないだろうか?

自分の気持ちに耐えられなくて、苦しくて辛くて。
まだ今なら…、、取り返しがつくんじゃない?と。
勝手に考え、勝手に決めて
彼と別れることにしました。

どうしようもなく好きなのに別れるなんて。。。

結局、きっぱりと別れられずに ぐだぐだと引きずり
最終的に 彼を傷つける結果となりました。





お互いが好きなのに別れるってダメですねー。
今なら分かります。
あの時、どうなったとしても 行き着く所まで行くべきだったのでしょうね。

それで嫌いになってしまったらいいし、
嫌われたらそれでいいし。

彼に嫌われるなんて怖くて、自分はいい子のままでいたくて
物分りのいいふりをして 彼から離れました。




私は彼を幸せにしてあげられなかった。

そして、もちろん 今後も幸せにしてあげられる事なんてない。

だから 幸せで笑っていてほしいと思うのは、私の勝手なのでしょうね。



色々あったけど、
あんなに狂うほどの熱い想いを 誰かに対して出来るなんて、
一生の内で一度あるかないかの大恋愛!

そんな人に出会えたなんて 
最高だったと思えます。

一生嫌いになれない、一生忘れられない人なのでしょう。




幸せでいてね♪
[PR]
Commented by じゃまろパパ at 2009-10-27 11:10 x
フムフム!
スルー出来なかった(汗)
わかるねぇ~、その気持ち!

言っても過去の事!
その思い出が、今までいい思い出として残っているだけで、いいのではないかなぁ?なんて思いますよ。

いい思い出で終わっているからこそ、いい思い出として残ってる!
その思い出があるから今の現実があるしね。
うぅ、かっちょいいこと顔に似合わずいってもた(恥)

まぁ~、未練タレタレがちょうどいいのかなぁ?
Commented by wai_w at 2009-10-28 09:49
>じゃまろパパさま。
くくくっ。スルーして下さってよかったのに~ぃ。

いい思い出かぁー。
そう思えたら、ステキですよねー!

>まぁ~、未練タレタレがちょうどいいのかなぁ?
ぶぶっ、意外と問題発言なような??

あの若かりし頃のお顔が目に浮かんできますよ(にやり
じゃまろ家ツアーで結婚式のお写真を見せて下さいね~♪
by wai_w | 2009-10-26 19:19 | 日常つぶやき | Comments(2)