ドラマ「最後で二番目の恋」



ドラマ「最後で二番目の恋」


とんねるずのみなさんのおかげでした、の後、テレビをそのままにしていると始まったドラマ。
私が最初に見たのは中盤ぐらい?
何気なく見て、小泉今日子の肌の汚さにビビった!(ファンの方、スミマセン…

きっとお金かけてるはずなのに。
年齢とは恐ろしいものだ…。

後から聞いた話によると、小泉今日子はヘビースモーカーらしいですね。
煙草の影響もあるんかなー。



そんなスタートで何気なく見てしまったドラマでしたが
そのままなんとなく見る事が多くなり、
最終回は録画しちゃったわよ!!

ある程度の年齢層の「あー、わかるー」という気持ちを
うまく掴んだドラマだったような気がします。
ラストは、強引な感じで 結局、タイトルの意味も
こじつけみたいにしか思えなかったのが残念なところですけどね。


最終回の中で「若い時には40代、50代の恋愛なんて考えなかった」というようなセリフがあったのですが
まさに、そうだなぁー。と。

というか、まさか 30代半ばまで生きてるとは思わなかった!!

うーん。私としては今が完全に予想外な展開なのですよ。






まさに年齢と戦っている現在。

その戦いは悲惨ですが(あぅ)そんなにガツガツしているわけでもなくー。
そうだなぁー。
もうちょっと危機感を持った方がいいのでしょうかねー?

体型維持には苦労してまして
余分な肉が色々な所に付くとは、まさにこの事!を実感してます。

でも、体型維持はここ最近、ぐぐっと楽になり、ぼちぼち出来てると思ってます。
もちろん、自己評価だけですが…(汗



若い頃は 剥き立ての茹で卵のような肌でしたが 年々衰えるばかり~。
最近は体型よりも肌の方が気になるかな。
若い時に日焼け止めとか、ちゃんとしておいた方がよかったなと思いますが
後悔先に立たずー!

あんまりお金のかからない範囲でプチ努力します。



がっつり努力するのは嫌い~。
あまり極端に努力するのも はたから見るとイタかったりするし。
でも、元が美しくないのだから、気にしないのもどうかと思う。

ということで プチ努力が無難かな。と。



自分の年齢は嬉しくないけど。
でも、自分の年齢を隠すのは嫌い。
「いくつに見える~?」とか言うのは もってのほか!!

年齢ぐらい堂々と言ったらいいじゃないかと思う。
私はいくつになってもパッと言うぞ。←変なこだわり

事実を隠しても仕方がないじゃないかー。



とは思うのだが。
日本人女性の若く見られたいというそもそもの原因は
日本人男性の若い女好きの傾向のせいなんだよな。

外人さんは若く見られると怒る方もいらっしゃいますからね。
日本人女性にはそれがない。



大人の女性ではないと相手にしない、という傾向が日本人男性にはほとんど見られない。
若い女が好きだもんな~。

海外に比べると、なぜ、日本人男性は若い女が好きなのか?

どうゆう民族性なんだろう?
そのあたりが知りたいものだなー。







年齢とかもそうなのだが
生き方というか。

例えば、孤独死が問題とかありますよね。



私は決して孤独死が嫌なものだとは思っていません。
それも、その人が生きて来た証だし、生き方そのものじゃないか、と。

ずっと孤独だったのかもしれないし。
それが辛かったかもしれない。
辛くなかったかもしれない。

それは分かりません。

もしかしたら、愛する人がいて…
その人を見送り、自分が後になった孤独死かもしれない。


それの何が問題なのだ?




あぁ、死で思い出した。

私は死んだら墓に入れて欲しくない。
お墓というものに全く興味がありません。

適当にしておいてほしいのですが
そうもいかないっぽいですね。
海に流すのとか、自治体に届けておかないといけないんですよね。
そして 誰かに「流しといてくれー」と頼まないといけない。

死んでまで、あんなところに入りたくないと思うのと、
死んでしまえば分からないわけだから
周りがいいと思うようにしてくれればいい、とも思ったりします。


あれ?何だか、ドラマからえらく話がずれたな~。
[PR]
by wai_w | 2012-03-24 07:49 | 日常つぶやき | Comments(0)