落ちた時



急に、ガクンと来た。

気持ちがどんどん下がる。



久しぶり過ぎて、ついていけないー。きゃー!



滅多に悲鳴なんて上がらないのに上げてしまいそうだ。



そうゆう時の対処法を知っているのに
ちょっとしたタイミングで 
違う方向に行ってしまった~。
失敗失敗。



ふぅー。
息を吐きだす。

平常心。







【最後に抱く「人生の後悔」TOP5】 という記事。
ちょっと前に見つけていたので読んでみました。



終末期ケアの看護婦さんがまとめたものだそうです。
記事内を抜擢すると

------------------------------------------------------------------

長年オーストラリアで終末期ケアに携わってきた看護師のBronnie Wareさんによれば、
死を覚悟した患者さんのほとんどが悔恨や反省の言葉を残すそうです。

彼女は、患者さんたちが死の間際に語る言葉を聴きとり、
一冊の本『The Top Five Regrets of the Dying』にまとめました。
死を間近にした人たちはいったいどんな言葉を口にするのか? トップ5を見てみると──

◎ I wish I hadn’t worked so hard.
──「あんなに一所懸命働かなくてもよかった」

◎ I wish I’d had the courage to live a life true to myself, not the life others expected of me.
──「自分自身に忠実に生きればよかった」

◎ I wish I’d had the courage to express my feelings.
──「もっと素直に気持ちを表す勇気を持てばよかった」

◎ I wish I had stayed in touch with my friends.
──「友人といい関係を続けていられればよかった」

◎ I wish that I had let myself be happier.
──「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」


ここで挙げられている後悔のポイントは、いわば多くの人にとって「過ごしてしまいがちな人生」ということ。
裏返してみれば、「そんなに一生懸命働かなくても、いい人生は送れる」、
「友達といい関係を続けていれば、より良い人生を築ける」ということかもしれません。

若い方に「常に自分の死を意識して人生を過ごすべし」と言っても無理があるとは思いますが、
道に迷ったときは「もしも明日、人生が終わるとしたら」と考えてみるのも悪くはないかもしれません。
自分の人生において、何を大切にしたいのか、ヒントがみつかるかもしれませんよ。

------------------------------------------------------------------

いやはや~。
ありがちですね。

全く、意外ではない言葉がずらりと並びました。

でも、最後のが一番ぐぐっと来るかな。


自分を幸せにしてあげられるのは、自分だろうと思います。

同じ生活でも
満足度が高ければ、幸せだし。
不満をあげていれば、不幸だし。

感じ方、捉え方 ひとつで全く変わってくるものなのだと思います。



最近。妙に悟ったような感じがありまして。
犬達の事は、そりゃ、未練がないと嘘になりますが。




もう 本当に いつ 終わってもいい。
私は悔いたりしない。
[PR]
by wai_w | 2012-07-14 08:29 | 日常つぶやき | Comments(0)