エアコンの壊れ方


昨晩のこと。



エアコンのカタカタ音。
お掃除センサーの点滅。

何かおかしいと思って
一旦、停止して、再度 運転開始をしたら、、、



イヤ~なカタカタカタ音が大きくなり
メキメキメキ…。
盛りっ。
エアコン本体の上が半分盛り上がった!!!


はいっ!?我が目を疑いました。

そ、そんなのってあり!?

エアコンのそんな壊れ方、初めて見たよ。。。



もちろん、運転は強制停止。





ちょっと頭がくらくらしました。
今夜、犬達は寝れないんじゃない?
明日の留守番はどうするんだい?

とりあえず、犬達はエアコンガンガンの
二階の釣りオジサンの部屋へ避難。






えーっと。

私がやるべき事は、とにかく現状確認、しかないよね。



説明書を出して、本体内部を確認。


ふむふむ。
なるほど。

自動お掃除機能で フィルターの送りがズレてうまく行かず
エアコン本体内で折れ曲がり、上部を押し上げた感じだな。

という事は、これを正しくセットしたら直るかも。





全て外して、掃除して、セットし直し。
埃があちこちに飛んだので掃除機。
汗だくとなりました。





そして、
見事 動きました。
よかった!!

ただし、フィルターの枠のプラスティック部分が
一度曲がっているのできっちりと真っ直ぐにはなっておらず
同じ部分がまた引っかかる可能性あり!







これだから、「自動」っていうのは嫌いなんだ。ぶつぶつ。


このエアコンを買う時に「自動掃除機能」がないものを探したのですが
それなりの大きさで省エネタイプを選ぶと
こうゆう余計な機能が付いているのです!

邪魔だ、邪魔!!

何でも 単純な方が壊れにくい!!






今回に関しては
犬達が留守番の時とか、仕事に行く前とかじゃなくてよかった!
[PR]
by wai_w | 2013-08-22 07:38 | 日常つぶやき | Comments(0)