バユーの手術

バユーの手術。


とても、緊張しました。

手術内容への不安はあまりないのですが
全身麻酔と、膵炎の併発の不安が大きかったです。

どうゆうものなのか具体的には知りませんが
膵炎になりにくい新しい麻酔があるとのとことで
それを使ってもらいました。
バユーが手術するその時に、その麻酔があってよかった!

無事に戻って来てくれて、ほっとしました。



手術当日は、あいにくの丸一日雨でした。

病院へは裏道のような場所を通ります。
この時期は草や木がわさわさしていて見通しが悪いのです。

狭い場所も多くて、車がすれ違うポイントも決まっているので
見通しが悪いと離合に非常に苦労する事もあります。


それが、今日は行きもお迎えの時もナイスタイミングで
すれ違いやすい場所でしか対向車と合わなかったし、
病院前の限られた駐車スペースが空いていて、運よく止めれたし
(離れた場所に第二、第三駐車場あり)
何かとラッキーでした。

雨だったので病院に来る人が少なかったのかもしれませんが
少ないと思って、狙ってやって来る人もいるので
何度も満車になっていました。

いや~、よかった、よかった。


バユーが太っている事に緊張もしましたが
膵炎の目安の一つでもある血液検査で分かるリパーゼ(一般)の数値も少なく
安心できましたし、
断食させても「また痩せてしまう!」という不安もなくなって
結果的に全て よい方向になりました。


心配して連絡を下さった皆様、ありがとうございました。

運が味方をしてくれたようで
色々な事がスムーズでした!
[PR]
by wai_w | 2015-06-26 22:23 | 犬つぶやき | Comments(0)