エアコンが落ちた日・最終章のはず




今日はエアコン交換の日です。

結局、今ついているエアコンの後継機(2014年製)になりました。



室内機のサイズは今ついている物より 少し小さいものの
ビスを打った穴は隠れそうです。

工事の人も「エアコンが落ちて交換になった家」というのは分かっているようですが
あまりその状態は知らないでやって来たようです。

新しい方を取り付けの際に、前のがどうゆう風に落ちていたかを話すと、
固定しようとしていた取り付け金具を一旦外して、再び 取り付けしました。
ちょっと慎重になったようですね。
そして、もう一人の人に「長いの取って」と言ってたので
標準でついているものではない長いビスで取り付けしたのかも。



お次は室外機。
取り付けメインじゃない方の人が「電源お借りします」と言ったので
「真空ポンプですか?」と聞くと、「はい」とおっしゃっていました。

私も全然知らなかったのですが
今の冷媒R32になってから、真空引きと言われる、
真空ポンプを使って配管内を乾燥させるのが目的なのだそうです。
ネットでエアコンを調べていた時に知ったので
一応そのあたりは確認しないとな~と思っていたのです。
でも、ちょっと時間が短かったような気がします。
雨だったし、見張っておけばよかったかな。うぬぬ。


取り付けてもらっている間に説明書を読んでいました。
冷房が苦手な私は、冷房よりも除湿で温度を下げる事がほとんどで
除湿には、再熱除湿方式と弱冷房方式があるのですが
その両方のモードがありました。

今のエアコンってこうなってるの?
知らなかった~。

設定温度は0.5℃刻み。
電気代もお知らせしてくれます。
最初は面白がって使うかも。




取り付けが終りに近付いた頃に、所長さんがやって来ました。
最終的な確認に来られたようです。

前に落ちたのは止めているビスの本数が少なかった(メーカーの標準の本数ではあるのですが)
2年ほど前から6本で止めるようになっている、との事でした。

我が家のは6年前なのでその頃としては標準の取り付け方ではあったようです。
打った場所も悪かったのでしょうね。

で、今回の本体にはメーカーの一年保証は付くようです。
(当たり前だとは思いますが)


交換工事は2時間40分ぐらい。
e0138031_714599.jpg


一時間後ぐらいに販売店から電話がありました。

これにて完結、ということになります。

あ~、やれやれ~。疲れた~。
[PR]
by wai_w | 2015-07-23 22:12 | 日常つぶやき | Comments(0)