自分のレントゲン(膝)


以前から、沢山散歩をすると膝が痛くなっていたのですが
ルクの介護以降、普通の散歩しかしてなくても
ほぼ毎日、膝に鈍痛がするようになりました。

痛みが慢性的になって半年以上。
調べてみたらちょっと有名な整形外科がワリと近くにあったのを発見して
病院へ行く事にしました。

自分のレントゲン。
初めてみました。

いつもは犬のレントゲンばかりですからね。

妙に新鮮。

軟骨がちょっとガタガタしてるかも~という感じでして
結局、レントゲンでははっきりせず
総合病院でMRIをすることになりました。

犬達だとお金はそれほど気にならないのですが
自分だと思うとすごく勿体ない気がします。
私の膝は犬達の生活に密接する大事な事なので
今回はMRIもして、ハッキリできる部分はハッキリさせないとな~。
面倒くさいんだけど~。


病院の待合室で、骨密度と血管年齢が調べられると書いてあったので
今まで一度も調べたことがないので調べてもらいました。


骨密度測定は利き腕ではない左腕で検査。
「まだ生理はありますか?」と聞かれました。
「まだ」って~、と ちょっと思いましたが
看護婦さんの言い方からするに、他意はないのでしょう。
骨密度は閉経してるかしてないかで大きく違うと言われているので
必要な事ですな。

40歳女性の平均を100%としたら
私は95%でした。

まぁ、普通のようです。


血管年齢は右手左手、右足左足に血圧を測る時のようなものをつけて寝ころびます。
圧迫されたり、ゆるんだり。
血圧を測る時と同じですね。

血管の固さが右が40代前半、左が30代後半。
年相応な感じでした。

動脈の太さは、正常範囲の太い方でそれはいい方です。



結局、骨密度も血管年齢も、年相応って事ですね。

まぁ、極端に悪い結果じゃなくてよかったです。


あとは膝だ~。
[PR]
by wai_w | 2015-07-29 07:47 | 日常つぶやき | Comments(0)